スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版アイカツ!感想

IMG_4057_convert_20141214174901.jpg
劇場版アイカツ!見てきました~
京都ではTジョイで24時スタートの最速上映回があり、
夜に自転車を走らせました。
Tジョイは過去にプリキュアの最速上映を行うなど実績があります。

以下は感想(ネタバレ含みます)


内容に関しては他のブログでも多く書かれていると思いますが、
アイカツファンにとって感慨深い内容でした。
見終わって思ったことは、「面白かった」よりも「ありがとう」ということ。

いちごちゃんがアイドルを目指すきっかけとなった会場での単独ライブ、
トップアイドルに君臨し続けたみづきさんの重責と今後の展望、
二人のトップアイドルと関わる中で自分の道を模索するあかりちゃん、
三者三様の思い・行動に心打たれました。

そんな中で最も印象的だったのが、
物語の根幹となる「輝きのエチュード」の歌詞作成の場面で、
蘭ちゃんさんが「明日が輝くためには今日が輝かなければならない」という趣旨の発言をした場面。
社会で働くおじさんにとても響きました。


トップアイドルのバトンはみづきさんからいちごちゃんへ、
いちごちゃんからあかりちゃんに受け継がれる流れになると思いますが、
あかりちゃんがトップアイドルになるとしたらどのようなトップアイドルになるのか、

個人の力量で君臨し続けたみづきさん、
ソレイユでの活動を始め、多くの仲間と関わりあうことでトップアイドルに上り詰めたいちごちゃん。

今のところあかりちゃんは、いちごちゃんに近い形で歩み始めていますが、
すみれちゃんとひなきちゃんは、あおい姐さんと蘭ちゃんさんよりも
本編で「それぞれの道」を模索する気持ちが強いと感じています。

いちごちゃんとみづきさんと同じステージに立つことができたあかりちゃんに目が離せませんね。

最後にいちごちゃんたちの2年間を総括してくれたスタッフの皆様に感謝です。

アイカツ、ありがとう!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

大山 あかり(おおやま あかり)

Author:大山 あかり(おおやま あかり)
<自転車旅履歴>
四国八十八ヶ所完全巡拝(2010年3月~2010年11月)
西日本・山陰ルート(京都→鹿児島)(2010年12月~2011年5月)
東日本・北陸ルート(京都→函館)(2011年9月~2013年5月)
西日本・山陽ルート(京都→広島)(2013年12月~)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。