スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリパラのダブり回避について

プリパラ1stシーズン終了ということでまとめます。

まず、参考になるかわかりませんが私のプレイ情報を紹介

ランク:ブレイクすんぜん(180万いいね)
プレイ金額:¥15000程度
1度でのプレイ回数:10回程度

ランカーさんほどやりこんでないけど、一般的に見ればやりこんでいる
中の中ぐらいといったところでしょうかw

このようなプレイ履歴で常に感じたのが、
ノーマルカードばっかりで、Rカード以上も被ることが多いということ。

この点に関してはメーカーの次第なので、仕方ないとしか言いようがない。
(まあ、我慢ならん人はメーカーにクレームの電話かけてるでしょうがw)


それでも工夫次第では、
ダブりカードを回避する策もあることがわかってきたので紹介します。
(あくまで個人的な提言なのでその点は留意願います。)


<提言その1>PRが出たら期間限定ライブをプレイする

アイカツのようにある程度の配列が決まってないので、
プレミアムが連続して出ることはほとんどないと感じました。
そのまま続けるとノーマルばかり出るので、
この時点で期間限定ライブをプレイして限定カードをゲットする。


<提言その2>ファンブックに付属・HPで公開してる「ストーンminiチケ」を活用する

プリパラではプリリズのストーンを使うことでカードを作れますが、
使えないストーンもあるということがあまり周知されていないように感じます。
実際にストーンを購入して試してみましたが、読み取れないことが多々ありました。
そのため、新規でストーンを購入することはお勧めできません。

このことへの対策として、公式HPで印刷して使える二次元コードをPDF形式で公開しています。
http://pripara.jp/howto/howto_5.html
これをゲームで使用してダブりカードが出たら、ランクアップでこちらのカードをプリントする。
これを繰り替えせば、やりこむ人でなければかなりの割合でダブりを回避できるかと。

また、miniチケのカードは普段着っぽい衣装が多いので、
本編のゲームより可愛い衣装が多いですw


<対策その3>アクセを買うタイミングを見極める

プリパラにはコーデカードの他にアクセ・アゲアゲカードがありますが、
これらを手に入れるにはガチャ(連コイン)が必要です。
しかしながら、この時にダブりカードを引くことが多々あります。

そこでお勧めしたいのが、
対策その2で紹介したストーンminiチケを使い、
持ってないR以上のカードが出た時にガチャをすること。

これなら、次にダブりカードが出てもminiチケをプリントすれば、
ダブりカードを回避しつつ、アクセをゲットできます。

また、アクセ・アゲアゲに関しては他のユーザーとの共有が可能。
かなりやりこんでいる人なら、レベル10前後のアクセを余らせていると思います。
(私もレベル20前後のアクセで十枚程度余ってます)
そういった方がいたら、交換・もしくは譲って頂けないか交渉してみる。

やりこんでいる人はスコアを気にするようになると思うので、
低レベルのアクセであれば譲ってくれる可能性が高いと思います。
※このことでトラブルが生じても私に文句を言わないでくださいね。


<対策その4> コーデのカラーリングを抑える

プリパラでは、PR・SR以外は同じ衣装の色違いが3種類あります。
実はこれが非常に厄介で、プリントする時点で持っているカードかどうか困惑します。
私も持っていないコーデかと思ってプリントしたら、持っていたということが多々ありました。

しかも、プリントする時点でカードにナンバーがふられていないため、ナンバーでの管理ができない。
そのため名称で管理するしかないのが現状です。

そこで一番手っ取り早いのが、持っているカードをすべて持っていくこと。
幼女先輩によく見受けられるプレイスタイルです。
しかしながら、私のように仕事帰りにプリパラするおじさんには不可能ですw
なので、スマホのメモ機能などで管理するしかないかと。
社会人のプリパラおじさんならできるでしょう!(めんどくさいとか言わない!)


まとめとしてはこんなところでしょうか。
あくまでもゲームなので楽しくやることが前提だと思います。
私の意見も参考に名r場と思いますが、
皆さんも自身の工夫でプリパラを楽しむのが一番かと。

ではでは。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

大山 あかり(おおやま あかり)

Author:大山 あかり(おおやま あかり)
<自転車旅履歴>
四国八十八ヶ所完全巡拝(2010年3月~2010年11月)
西日本・山陰ルート(京都→鹿児島)(2010年12月~2011年5月)
東日本・北陸ルート(京都→函館)(2011年9月~2013年5月)
西日本・山陽ルート(京都→広島)(2013年12月~)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。