スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリパラについて

プリパラが稼働して1か月ちょっと経ったのでプレイ感想。

公式のアンケートから、
プリパラがアイカツをかなり意識しているようなので、
私もアイカツとの比較で、女児とその親の視点から考察します。

<アイカツと比べた時の長所>
・ゲーム中の操作が簡単

<アイカツと比べた時の短所>
・衣装・アクセが集めにくい


プリパラの長所はゲームでの操作性
アイカツと操作は赤ボタン一つ。
前作のプリリズよりも操作がかなり簡単になっており、
幼い子でも楽しめる仕様になってます。

連コインしにくいのも好評価。
連コインは健全でないと思っているので。


その一方で、カードの集めにくさが問題。
プリパラでは「トモチケ」というマイキャラのカード交換を気軽にできることを売りにしていますが、
ゲームで肝心な衣装の交換ができない仕様になっております。
※アクセ・アゲアゲは別

アイカツのようにダブりカードの交換ができないので、
コーデをそろえにくく、レアカードも自力で集めないといけない。
それなのにカードの種類はアイカツ以上。

さらに、スコアアタックでは衣装・アクセのランクが重要になっており、
特にアクセはゲーム終了後の追加購入でしか手に入らない仕様でレベルまで固定。
高レベルのアクセを手に入れるのは完全に運任せで、
アゲアゲアイテムというこれまた重要アイテムはもっと出にくい。


このような現状を考えると、
この「カードの集めにくさ」にメスを入れないと、
プリパラはアイカツに及ばないと思います。
いわゆるコアユーザーだけが集うゲームになってしまう可能性大です。

巷ではアイカツに勢いがなくなっているという意見がありますが、
それはあくまで古参ユーザー視点での話。
新規ユーザーを引き込む体制はアイカツの方が整っている。

例えば、アイカツおじさんがダブっているノーマルカードを
初心者の子にあげるケースは多々あると思います。
カードをもらった子はノーリスクでコーデが揃った状態で遊べ、
お金をかけたくないお母さまたちにとってもこれはおいしい。

実際に、私もゲームの場で世間話をした親さんや
会社の先輩のお子さんにダブったノーマルカードをあげたことがあります。

また、ゲームをする大半はライトユーザーなので、ゲームから去る人が多いですが、
去る人より新規ユーザーが増えれば問題なし。
つまり、ライトユーザーの数を増やし続ける環境を整えることが重要。
この環境がアイカツの方が現時点では整っていると考えています。

とりあえずはこんなところで一旦終わります。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

大山 あかり(おおやま あかり)

Author:大山 あかり(おおやま あかり)
<自転車旅履歴>
四国八十八ヶ所完全巡拝(2010年3月~2010年11月)
西日本・山陰ルート(京都→鹿児島)(2010年12月~2011年5月)
東日本・北陸ルート(京都→函館)(2011年9月~2013年5月)
西日本・山陽ルート(京都→広島)(2013年12月~)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。